Only One & Fist One by Navitas Checker

topimg
  • ナビタスチェッカー(ソフトウェア)について
  • ナビタスチェッカー検査装置
        --エリアカメラ移動型"NaviCamXY"
        --ロールラベル送り型"NaviLab-U"
        --枚葉ラベルコンベア型"NaviCon-U"
        --検査ユニット単体型
        --オフライン版
        --その他特注機
  • ナビタスチェッカーライト検査装置
        --パッド印刷機搭載型"NCL-PAD"

    この製品で選択できるラインアップ NavitasCheckerPro NavitasCheckerStandard NavitasCheckerLite
    NaviLabU
    ロールラベル送り型
    「NaviLabU」
    ロールトゥロール印刷検査
    • 従来装置の4倍の欠陥検出精度にて高品質検査に最適
    • ピンホール、欠け、切れ、はみ出し、汚れ、目詰まり等の検査
    • ラベルピッチ・間隔・幅・長さ・角度等の優れた計測機能
    • 4つのCPUを並列化することにより検査処理能力大幅向上

    装置基本仕様

    • 本体標準サイズ:1700(W)×1160(D)×1880(H)
    • ロール形状:幅25mmから300mmまで
    • ロール巻き径:最大500mm
    • 対応紙管径:3インチ
    • ラベル間隔:2mm以上
    • 送り速度:最大30m/分(さらに高速化予定)
    • 分解能:25μ(視野100mm)、50μ(視野200mm)、75μ(視野300mm)
    • 電源:3相200V、50/60Hz、5.1kW
    • 張力調整:パウダクラッチによる自動調整
    • 画像処理:検査・計測ソフトウェアナビタスチェッカー
    • NG時、貼替え位置自動停止、貼替え後再検査可能
    • 4096画素高速デジタルモノクロラインセンサ採用

    検査対象

    • ロール巻きラベルシール

    検査内容

    • 印字欠陥検出:欠け、つぶれ、ピンホール、汚れ、インクとび、他
    • 寸法計測:ラベルピッチ、間隔、幅、角度、アール、他
    • 位置ずれ計測:ラベル貼り付け位置、印刷位置、他
      (注)検査可否は、検査対象の材質や照明に依存します。

    レポート出力

    • NG画像保存
    • NGデータログ出力:NG発生時の発生原因、欠陥種類、欠陥面積、明欠陥・暗欠陥区別、寸法計測値などを連番や時間情報と共にExcel出力
    • 結果の集計処理と集計結果レポート作成
    • NG箇所と主要な結果を検査中に表示するオンラインレポート機能
    • 検査条件パラメータリストの作成と保存