RH-300/ロール転写式ホットスタンプ機RH-300 / Roll-on-type Hot-stamping-machine

特徴

平面転写に最適なロール転写機です。

AR-100R

最大280mm×500mmの転写を実現。

300mm幅のロールの取付で、最大転写幅280mmを実現。また、最大ヘッド走行寸法600mmで、最大転写長さ500mmを実現。加圧力も3,972N(400kgf)で、安定した転写を実現できます。

省スペース設計を実現。

テーブル走行ではなく、ロールヘッド走行方式を採用することで、接地面積の省スペース化を実現しました。

安定動作を実現。

ロールヘッドの横走行にはモータ駆動方式を採用。温度やエアー圧などによる転写速度のブレは発生しません。安定した動作で、安定した品質を確保します。

ポイント

横走行速度変速機能

  • ロールヘッドが転写走行中に転写速度を切り換えることができます。ワーク形状などにより転写条件が変化する場合にも対応可能です。また、箔テンションも任意のポイントから切替え可能です。

高精度温度コントロール

  • ロール表面温度を感知する温度センサーに高感度無接触遠赤外線タイプを採用しました。ロール表面を傷つけることなく、かつ、精度の高い温度コントロールが可能です。

メモリ機能

  • 最適加工条件(転写開始位置/終了位置、箔テンション、箔送り時間など)を10パターンまで保存できます。次回の作業時に速やかにデータを呼び出し作業を開始できます。

タッチパネルの採用

  • タッチパネルの採用により、わかりやすい操作を実現。設定値の入力も簡単です。

温度コントロール

  • 加工可能な温度の帯域を設定できます。熱盤温度が上限下限の設定値を超えると、警報が鳴り機械は停止して、不良品の発生を防ぎます。
  • 設定温度を超えるのを抑制する機能がついています。(オーバーシュート防止)PID制御採用により、より精度の高い温度制御が可能です。

汎用シーケンサ採用

  • 制御には、汎用シーケンサを採用し、プログラム変更やインライン対応が容易です。

オプション

回転治具装置
円筒形の外周への転写を可能にするオプションです。段取り替えで平面転写と円筒形転写の両方の加工ができるようになります。
エアーシリンダ式旋回テーブル
転写と同時にテーブルを旋回します。特殊な形状の転写に必要です。
箔はがし
転写終了後に自動で箔をはがします。自動機に組み込む場合に必要です。
スライドテーブル(自動/手動)
箔の下から治具を手前に移動できるので、成型品の取り付け、取り出しが用意になります。また、熱いロールと距離が取れるため安全です。
箔高速位置決め装置
高精度で高速な箔の位置決めが可能になります。

使える素材

各種プラスチック、金属製品、木製品、繊維製品、皮革製品、ガラス製品、等